虎視眈々と席を狙う人と目線があったとき